ÂME – 農夫の大地

作曲:チェ・ファジョン

フランス語で魂を意味する「ÂME(ラーム)」より、『農夫の大地』。
初めて「月琴」の音を耳にする人は「マンドリン」の音ではと思われるかもしれません。確かに似ています。しかし中国の「月琴」は演奏方法も弦をタテにして弾くなど、力強くスケール感があります。弾き出される音は、明確ながらどこか土や木や空等の自然を感じさせてくれます。「農夫の大地」は、貧しいながらも懸命に家族愛に生きた、寡黙な男たちの心情を謳っています。現代人に通じる色あせない普遍のテーマを、「月琴」は大地と向き合うように情感豊かに表現してくれました。



インストゥルメンタル