ÂME – SA・NO・SA

作曲:チェ・ファジョン

フランス語で魂を意味する「ÂME(ラーム)」より、『SA・NO・SA』。
日本で永く親しまれてきた「さのさ」を全く新しいアレンジで挑戦し、日本楽器を代表して「琴」の音色で仕上げた興味深い作品です。
耳慣れたはずの旋律がよりドラマティックに胸に沁みこんできます。曲中の「さのさ」の歌詞もオリジナルで書かれたものです。歌声もひとつの楽器であるとの新しいコンセプトが実現されています。



インストゥルメンタル